いつも心はダイエット&時々旅

.29

未分類

なつかしいお菓子

神戸の友人からの到来品


DSC_6349.jpg


これはなんという名なんだろう??

あられ?
お好みあられ?


とにかく私はこれが大好きで、
とくにこのピンクのふわふわサクサクちょっと塩味がたまらないのだ。

これは東京にはない
関東全体にもない

似たようなお菓子は存在するけど
私に言わせれば全く違いのだ


DSC_6346.jpg


神戸の友人がたまに気を聞かせて送ってくれる

私は誰にもあげないですべて一人で食べるのだ。
至福のひと時・・・・♡
これを至福と言わずに何という・・・・(〃艸〃)ムフッ

.13

未分類

母の日

スマホから初めての投稿!




アマゾンから届きましたよ♥️
ちょっとうれしい♪

いやいや、、かなりうれしい♪

.10

未分類

いたた・・・・・

昨日 ジムでヨガをしたら無理なポーズをしたようで腰に激痛が走った💦
痛くて痛くてしばらくストレッチマットで横になっていたほどでして


今朝、整形と接骨院と行ってきました
レントゲンを撮ってもらったら腰の関節が軽いねんざをしているそうで
痛みは一週間ほどでとれるとのこと

痛み止めとシップをもらいました

接骨院では電気を当ててもらってマッサージしてもらってきましたが
まだまだ痛くて痛くて立ち上がるのも一苦労



いったいヨガでどんな無理をしたのか・・・・
腰は正面、正面とか言われてグイグイ腰をひねった気がする・・・・^^;

絶対無理をしてはいけません、、、、でしたね



ところで、このブログをスマホからでも更新できるのですよね?
どうやってするのでしょうか??
一つのブログをPCとスマホどちらからでも更新できるのでしょうか???



.02

未分類

女子旅 長崎の旅   遠藤周作文学館 

長崎二日目の朝、
朝風呂も、朝食もおいしくいただいて出発です


今日は私の運転、ナビ頼りに朝一で向かった先はこちら↓

軍艦島
2015,5,10~12 156

この頃、さかんに世界遺産登録でいろいろニュースで紹介されることが多く
行く予定ではなかったのに来てしまいました。

軍艦島上陸ツアー クルーザー出発です
女神大橋をくぐります。

2015,5,10~12 101
>

長崎港から40分ほどで見えてきました。
2015,5,10~12 110


ガイドさんとともに上陸しました。
平日の見学者は私達だけでした。

島内は静かです。
この島でかっては5000人が暮らしていたそうです

2015,5,10~12 132

↑当時、このレンガの壁の右側にエレベーターがあって
そこから地下にもぐって石炭を採掘していたそうです

2015,5,10~12 136
↑当時の学校跡




この島に来る前は無人で荒れ放題でもっと暗いイメージでした。
それこそ幽霊でも出るんじゃないの~、、、なんて思っていたけど
全然そんな空気ではないです

むしろ、この島で暮らしていた人々の楽しかった思い、とか
生き生きと暮らしていたであろう思いが伝わってくるような島の空気でした。

2015,5,10~12 121


ただ、残念なことはガイドさんが船内でも島でも説明してくれるんですが
何を言ってるのかよくわからないのだ  笑
最後は面倒だから聞いてなかった  笑


2時間半ほどのクルージングの後は軍艦島上陸記念証明書なるものを
もらって結構楽しかったですよ




この後、ランチは長崎新地中華街

2015,5,10~12 160

長崎ちゃんぽんと皿うどんを前にして
あ~、、わたし長崎来てるんだ、、ってまた感動しながらとてもおいしくいただきました


さて、ここから私が長崎に来て
私が一番行きたかった場所に向かいます

長崎駅から車で1時間弱
隠れキリシタンの里「外海」

そこに建つ それこそは「遠藤周作文学館」

2015,5,10~12 164

遠藤周作が愛したこの地、
「沈黙」の舞台になったこの地に没後建立された文学館


高校生のころ 遠藤周作の本に出会い
彼の本をひたすら読みました。

あの頃はなんて素敵なおじさまだろうと思っていました
今ではあの頃のあなたのお歳に近づいた私です



いつか行ってみようと思っていたこの地に
私はようやくやってきました。




美術館の中はとても静かでした


私はやっと来れたことに感動しながら第一歩を踏みしめ
ひとつひとつの展示品を見ながら
やっと巡り合えたことに興奮して、いとおしくて、キラキラして、
何もかもが輝いていました。

「女の一生」の挿絵版画展を開催していました

あぁ、、あの頃は本が大好きだったなぁ、、
遠藤文学だけでなくいつも本が日常にあった
子育ての頃も本が手放せなくて
近所の図書館の分館で借りて夜遅くまで読んだものでした。


遠藤周作が愛した隠れキリシタンの里「外海」
教会や史跡がある外海

2015,6,29~ 808



夕暮れ時になりました。
もっともっと長い時間、ここで過ごしたいけど
私は旅人(かっこいい!)
先を急がねばなりません

やっと来れたこの地の空気をたくさんたくさん吸って
国道202号線を北に向かいます

外海から約90分
今夜のお宿につきました

平戸城の真ん前「旗松亭(きしょうてい)」
平戸にやってきましたよ  あ~~っうれしい♪

ロケーションも最高!
温泉の最高!
ごはんもGOOD!しかもお部屋食!  あ~っしあわせ♪ 

2015,6,29~ 815


ひとつ、残念なことは某国の団体がしたこと

それは突然でした。

露天風呂に入って正面に見える平戸城を眺めてゆったりしていたら
な、なんと旅館のゆかたに丹前姿の某国の団体20人ほどが
ガヤガヤと露天風呂に入ってきました。
その人たちはお湯の中の裸の私達の周りを取り囲み
ジロジロ眺めて大声でしゃべり、笑い、あげくにお湯の中に足をつけてみたり
まさに傍若無人な振る舞いをしました。
さすがにそこに男性の姿こそありませんでしたが
数人いた日本人の女性たちは唖然として声も出ませんでした。


たとえ外国に来てもマナーを守りましょうよ、
爆買いしてくれるあなたたちが来てくれるのは大歓迎
でも、自分がされて嫌なことはやめましょうね


こうして長崎二日目の夜もいろんな思い出を作りながら更けていきました。



まだまだ続きます



.31

未分類

ベトナム ハノイの旅  ⑨

突然ですがベトナムトイレ事情をひとつ・・・(^^)/






どちらのトイレもとってもきれいです。
でも、これは外国人専用のトイレ

向かって右手にあるグリーンのボックス

これ!女子トイレには普通に必ずありますが
ベトナムではもう一つの別の使い道があります

それは、使用済みのトイレットペーパーを捨てるための物で
下水状況がよくないからだそうです

2014,3,6~10 ベトナム 095


そして、向かって左にあるのはご覧の通りシャワーです
お尻を洗うためのものです

おしりを洗うという発想は日本より進んでいたってことですね


なので、トイレットペーパーは必要ないってわけですで、
ペーパーを流さないのでが下水事情が悪くても問題ないのです




このトイレシャワーはタイにもありました

こちらのトイレはバッチャン村のお土産物屋のトイレ
2014,3,6~10 ベトナム 177

ある観光地のトイレに入った時、
入り口にモップを持った女性が二人いました



たくさん並んだトイレの個室に入ると

そこは床が水浸し・・・・^_^;
座ろうとすると便座もなんと水浸し・・・^^;


ただの水ではないのは明らかでして・・・・・・^^;


あわてて隣の個室に入ると鍵が壊れてる・・・・・^^;


もちろんペーパーなんてありませんし・・・


ウエットティッシュを持ってこなかったことを後悔し、
入り口にいたモップを持った女性の謎も解けました




でも、公衆トイレがあるだけよかったと思う、  感謝、感謝(^_-)





さて、こちらはたしか、クリーニング屋さん

2014,3,6~10 ベトナム 199


ちょっときれいめのカフェ
ベトナムの人はカフェが大好きで街のあちこちにいっぱいあります

2014,3,6~10 ベトナム 198

こちらもカフェ
若いおしゃれな男の子は揃って韓流だった

2014,3,6~10 ベトナム 432


雑貨屋

2014,3,6~10 ベトナム 200


フラワーマーケット近くの床屋  
ちゃんとした床屋も美容院もありました

2014,3,6~10 ベトナム 255


ケーキ屋
パンダの顔のケーキ

2014,3,6~10 ベトナム 440

ベトナムコーヒーの専門店

2014,3,6~10 ベトナム 258


M子さんち近くの高級住宅地のお金持ちのお家

2014,3,6~10 ベトナム 275


おしゃれな鳥かごがぶらさがっているお家が多い、、なぜかな?


2014,3,6~10 ベトナム 277



ホーチミン廟のお土産物屋さん

2014,3,6~10 ベトナム 359

街かど、、、フランスみたい

2014,3,6~10 ベトナム 405

こちらは大協会の近くの露店
中央に見えるののはフランスパン

他にもこんな露店があちこちにいる

日本にもクレープや焼き芋屋があるからそれと同じ感覚ですね

2014,3,6~10 ベトナム 435

ここで私がずっと気になっていたのが中央に見えるフランスパン

お米よりパンが大好きな私的には
どうしてもあの屋台のフランスパンが食べたいわけで・・・・


露店カフェには必ずあるあるフランスパン

でも、、、、、、、
M子さんには食べない方がいい、、、と止められてるのだ・・・・・(*_*;



そこで、最後の日に欧米式のパン屋さんを見つけたので大量に買って帰りましたよ!
それがこちら↓

2014,4,4 搬送 078

白い紙袋にバサッとまとめて入れてくれます
一つ一つのビニー袋はM子さんにしてもらいました。
それに計算もすっごいテキトーでアバウトでいい加減だったけど・・・・(笑)

2014,4,4 搬送 079

後日談ですが、、、、

うっかりして半分ほどうちのワンコに食べられてしまいまして、
苦労してベトナムから持って帰ってきたというのに・・・・ハァ~~(;一_一)

でも、パンはおいしかったですよ~♪
結構、さら~っとしてる、というか、、あっさりしたお味でした(^^)v




大教会の後はタクシーに乗って
M子さん、お気に入りのカフェにも連れていってもらいましたよ

細長い店で、2階にも席があります


2014,3,6~10 ベトナム 441

こちらが是非、飲んで欲しいとお薦めのドリンク

コーヒーにちょっとヨーグルトのような爽やかさがあって
甘くなくもなく ありそうで なさそうなコーヒーベースの味です

「日本で流行らせたい~」 とM子さん絶賛で
たしかに喉越しのいいドリンクでした


2014,3,6~10 ベトナム 442



さて、M子さんご夫婦に案内してもらった
ハノイ最後の夜の今夜のディナーは SEN


2014,3,6~10 ベトナム 451

とーっても広いブッフェスタイルのレストラン

日本料理の刺身からベトナム料理までズラーっと並んでて
全種類制覇するには1週間くらいかかりそうなほど
豊富な種類の料理とデザートが並んでる



お庭も広くてきれいに手入れされて優雅な空間を作ってくれる
地元の人たちもデートや誕生会などに利用していました

2014,3,6~10 ベトナム 445

楽しい食事が終わるとタクシーでM子さん宅に戻ります

そして、荷物をまとめたらまたタクシーを呼んでもらいました。


とうとう日本に帰る時間になってしまいました

タクシーに乗って30分、空港に向かいました

とてもとても名残惜しくて
楽しければ楽しいほど旅の最後は悲しいものです


飛行機に乗れば8時間後には成田です


M子さんのおかげでツアーで行くのとは一味違う旅でした
フラワーマーケットも屋台の食事もエキサイトでワクワクする経験でした


昨年訪れたタイではクーデター、
ベトナムでも中国と領海で衝突があったりして
政治的なことはよくわからないけど
あの平和で底抜けに明るい人達が
悲しむことのない国であるように心から祈っています。


2014,3,6~10 ベトナム 447

成田から東京駅までFさんと一緒です

Fさんを新幹線の駅まで見送って
私は通期時間の山手線に乗って帰りました。
東京の人の多さに改めて驚きました(笑)


楽しい楽しい旅でした。
お留守番の家族の皆さんありがとう!






☆おまけ☆

帰りの飛行機は 深夜12;20分ノイバイ空港発、早朝7;00成田空港着


私は記録的に寝付きが悪い!

帰りの機内は 3人並び席、
運の悪いことに私はなんと真ん中席^^;


私の右はベトナムの男の子、群馬の大学に戻るそう、
左側は友人Fさん

二人とも機内食が終わったらスヤスヤお眠りされました・・・・


私、何度でも言いますが、すっごい寝付きが悪いのだ!

狭いエコノミー席で身動きとれず、
両側の住民を起こさないようにトイレにも行けず
もんもんと時間が過ぎるのをただひたすら待って
結局一睡もできないまま成田空港に到着した。



楽しい旅の最後に試練が待っていた??(;一_一)


NCM_0377.jpg




にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村








プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。






蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

RSSフィード 管理者ページ