スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のレッスン

レッスン1


今日のレッスン、アイアン#7の素振りから

素振りは大事、

打つ方向と、
プロはボールが飛ぶコースをイメージして素振りをするそうだ


私はダフらないように、とか、
体重移動 とかそんな程度だったけど、
コース上でジタバタしてもしょうがないのでここはイメージだ(笑)







レッスン2


体重移動が早い

私はバッグからクラブを振り下ろしてボールを打つ時、
右体重から左への体重移動が早すぎるらしい

最初のアドレス時で右体重にしておいて
ボールを打ってから左体重にするくらいでいい



私の場合、体重移動が早すぎることで体が早く回ってしまい
クラブが遅れてついてくるそうです



なるほどね・・・・
だからフェースが開いてしまうのね^_^;


でも、これって今更タイミングを変えるのはかなりしんどいよ・・・
プロ、、もっと早く言ってよね、、、(^_^;)







レッスン3



グリップをほどくのが早すぎる

バッグから振り下ろす時、
振り上げたグリップをほどくのが早すぎるのだそうだ


文章で書くのは難しいのだけど、、、、

アイアンを握った手を振り下ろす時、
右手の甲が向こうを向いているでしょ?

そのままボールに向かって振り下ろすのだけど、私は早くほどいてしまうので
もうちょっと我慢するといいそうです



これはかなりよいです


なぜかというと
ちょっと我慢して手の角度を変えないことで
脇が開かないし、
ボールを見る時間が長くなるのでヘッドアップしないのですよ


オーバーに言うとボールがクラブに当たる瞬間が見えるくらい(笑)






レッスン4


最後までクラブを振りきる


ドライバーでもウッドでもアイアンでも
必ず最後までクラブを振りきることで
飛距離も出るし、方向も安定するのだそうです


おへそが目的の方向に向くまで、
右肩が左方向に向くくらいまでフィニッシュはしっかりとること


私って耳にタコができるくらい同じこと言われてる・・・・(^_^;)

気を付けます(敬礼!)




レッスン5


ダフリは厳禁

練習場のマットの上では多少ダフっても影響はないけど
芝でダフるとキャリーは出ない


そのための練習方法は

練習マットの左端ギリギリにボールを置いて打つ


縦に間隔を開けないで複数個ボールを並べて
一球づつ当たらないように打つのです




直接クラブフェースにボールが当てるように打つのですが
ダイレクトにボールが当たると音が違うのでわかりやすい


この練習をしてると自分はいかにダフっているかわかるのです、、、(~_~;)







こんな感じでここ1カ月、ショートアイアンの練習を集中してきたけど
それでもまだまだ不安かなぁ、、、、、^_^;

残り60Y、、、、残り30Y、、、

この不安な距離を余裕で乗り越えることができますように・・・・・





にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

Secret

プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

フリーエリア

ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。