平凡主婦 の平凡な日常



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2018 >>
プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ポルトガル・スペインの旅   2日目   ペレンの塔

   
路面電車を降りて
またバスに乗りました。

DSCN0306.jpg
バスはと郊外に向かっていきます

DSCN0328.jpg

目指すはリスボン西部ベレン地区テージョ川岸

DSCN0336.jpg

目の前には海みたいな風景!
きれいな空に映えるテージョ川

DSCN0342.jpg

こちらは植民地時代、犠牲になった兵士を追悼するモニュメント

DSCN0363.jpg

世界遺産  ベレンの塔

16世紀ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周を記念して作られた要塞
リスボン港に出入りする船を監視する役割も果たしていたそうです。

塔の中も入場見学できたようです。
自由時間があったけど知らなかったので残念でした。

DSCN0371.jpg

左側から豪華な白い帆船がゆっくりと進んでいます
優雅でなんてきれいなんでしょう✨

DSCN0380.jpg

発見のモニュメント

大航海時代を記念した記念碑
ここからガマさんが航路に出たそうです。

高さは52mで帆船をイメージして作られたそうで、
エレベーターで上まで上がれるそうですよ

DSCN0394.jpg

空を重ねて見上げて見た



DSCN0403.jpg

こちらが反対側

先頭がエンリケ王子、王子は実際には航海に出ていないけど
パトロンだったそう、バスコ・ダ・ガマ、マゼラン、フランシスコ・ザビエル、
私でも知っている大航海時代の偉人たち33体
航海士や彫刻家、宣教師が並んでいます。




DSCN0423.jpg

記念碑の前の広場にはモザイクがあり、世界地図が描かれています。
世界中の人たちが自分の国をまず探してます笑

DSCN0424.jpg

日本は思いのほか大きく描かれていてちょっと嬉しい
発見された年号は1541年

これは種子島に上陸する前に豊後に漂着した年だそうです。

DSCN0416.jpg

マリーナの役目もあるようですね
気持ちがよい季節です

DSCN0417.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://birdie55.blog136.fc2.com/tb.php/331-c1a92ae8
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。