平凡主婦 の平凡な日常



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ポルトガル・スペインの旅 3日目  エヴォラ

   
ホテル客室から見たリスボンの街
正面の高い建物の向こうに大型スーパーがあります。

「徒歩で5分くらい」と添乗員さんが言うので
水を買い忘れて私たちは「買いに行こう!」ということになりました。
DSCN0571.jpg


右側の道からでも、左からでも行けるらしい、
私たちは右からを選択、
右からの方が車が多いから安全かも、と思ったのです。

小さいバッグに財布を入れてNさんと出かけました。

スーパーは大型店舗でした。
テナントもたくさん入っていて時間があったらゆっくり見たいところだけど
着いたとたんに閉店5分前のチャイムが鳴りだしました

焦る私たち
大型店なのでお水の種類も豊富
可愛かったので子供用の小さめのペットボトル半ダースを持ってレジへ急ぎます。
日本とは違ってゲートみたいなのがついていたりで勝手がわからない 笑
Nさんと大笑いしながらモタモタ、バタバタと何とかお買い上げ


子供用は小さいボトルで可愛いキャラクターがついて、
口の部分に飲みやすいように吸い口がついている。


私はふた部分を持って帰って水を入れたペットボトルは
愛犬のお散歩用にぴったりです。
おしっこした時にシュッシュッとかけるのです。

さて、お水を買ってホテルへ帰らなくてはなりません。

夕暮れ時、ちょっと薄暗くなってきました。
今来た道は帰りは上り坂、
車もなんだか少なくなってとても心細くなってきました。
Nさんと二人、無言でひたすらホテルまで急ぎました。

帰り道の遠かったこと・・・笑

おばさんの初めてのおつかいでした・・ 笑


DSCN0569.jpg

朝食はブッフェスタイル


2連泊したリスボンのホテルは今日でお別れです。

DSCN0583.jpg

ホテルからバスに乗ってエヴォラにむかいます。



DSCN0572.jpg


車窓から見えた
アグアス・りヴレス水道橋
世界で最も高い石造りのアーチ、18世紀建造
今は使われていないようです。

リスボンから2時間くらい 目的地エヴォラに到着しました。

DSCN0606.jpg

エヴォラ旧市街の高台からの街並み
エヴォラ歴史地区として世界遺産に登録されています。

DSCN0592.jpg

日本の石垣とはちょっと違う

DSCN0605.jpg

この公園の反対側にあるのがこちら


DSCN0597.jpg

ディアナ神殿
古代ローマ時代の神殿の遺跡

ここからは自由時間
目の前にある大聖堂、迷わずチケットを購入して入場

DSC_0787 (1)

世界遺産エヴォラ大聖堂
12世紀から13世紀の間に幾度も価値の高い拡張をされて建設されて大聖堂

DSC_0773.jpg


DSC_0777.jpg

長崎の教会で感じた空気感
目を閉じるとタイムスリップしそうだ

DSC_0780.jpg

DSC_0784.jpg

パイプオルガン

このパイプオルガンこそ、日本には特別なもので
1584年,天正遺欧少年使節団が訪れた時にこのパイプオルガンを演奏したのだそうです。

永い永い時を経て私の目の前には
伊東マンショや千々石ミゲルたちが実際に演奏したとい
うパイプオルガンが私の目の前にあるのです。

どうしてもこのパイぴオルガンの音色が聞きたくて
教会の小さな売店でCDを買い求めました。


DSCN3224.jpg

男女9人からなるゴスペルではなくきれいな歌声
耳を凝らしてパイプオルガンの音を探しました。


DSCN3229.jpg

同じケースに置かれていたブレスレット
私のパワーストーンです。

またもう一度長崎にも行ってみたくなりました


DSCN0640.jpg

カテドラルを出たら道なりにお土産物やさんが並んでいます。

DSCN0644.jpg

時間があったらすべてのお店に立ち寄りたい気分 笑

DSCN0653.jpg


ガイドさんの後をついて細い道をゆっくり歩く
ガイドさんは地元の素敵な女性、
リスボンでは日本人のおじさんでした

DSCN0655.jpg

どうやら今日のランチはこのお店らしい

DSCN0656.jpg

店内は意外と広い

DSCN0658.jpg

スープ

DSCN0662.jpg

アサリと豚肉のアレンテージョとサラダとパン
(アレンテージョとはにんにくと白ワインのワイン蒸しらしい)

DSCN0666.jpg

デザート

食事を終えた一行はまたバスに乗り、
ここからスペインに向かいます
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://birdie55.blog136.fc2.com/tb.php/335-54f6f2e3
<< NEW | TOP | OLD>>