平凡主婦 の平凡な日常



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ロンドン・パリへ行く女子旅  2日目

   
ロンドン滞在2日目

早朝、ホテルからバスでコッツウォルズ地方へ出発です。


DSCN4090.jpg

ホテルからコッツウォルズまで2時間半


途中でトイレ休憩

DSCN4095.jpg

スタバがあったよ

DSCN4098.jpg

↑ 私たちが乗ってるバス


コッツウォルズ地方の美しい村 「バイブリー」
一昨年の旅ではバイブリーへ訪れることができなかったので楽しみのひとつです。

ウイリアムモリスが、かって暮らし、
「イングランドで最も薄くしい村」と称賛した村


DSCN4102.jpg


DSCN4114.jpg



DSCN4107.jpg

スワンホテル↑ 川沿いに建つホテル

DSCN4136.jpg

DSCN4126.jpg

DSCN4145.jpg

客待ちのタクシーの運転手さんが
観光客の多さに驚いてました。
地元の人から見たら「なんで?」って感じらしいですよ 笑
実際に人が住んでいるそうで、いわゆる村おこしだそうで、
でもプライバシーとか大丈夫なんでしょうか。






続いて コッツウォルズ美しい村巡りは
「ボートン・オン・ザ・ウオーター

ここは一昨年に訪れた場所
また来れるなんてちょっと感動します。

街の中心を流れるボートン オン ザ ウォーター

DSCN4168.jpg

おしゃれなお店が並び、ワンコが似合う街

DSCN4237.jpg

2回目の今回はNさんが見つけた
「モデル・ヴィレッジ」へ向かいました。

DSCN4224.jpg

入り口で入場料を支払います。
ここはボートンオンザウォーター村の
実物の9分の1で再現されたミニチュアミュージアム

DSCN4197.jpg



DSCN4203.jpg



DSCN4220.jpg

郵便局やちっちゃなお店までミニチュアサイズで再現されている

DSCN4207.jpg



モデルヴィレッジを楽しんだ後はランチタイム
集合場所に集まって、ツアーの皆さんとゾロゾロ歩いてレストランに向かいます。
ちょっと嫌な予感がしましたが、やっぱりでした・・・・


一昨年に訪れた時と同じレストラン!!!爆笑!

DSCN4254.jpg

この旅初ランチメニューは、、、

DSCN4255.jpg

サラダ


DSCN4258.jpg

ローストビーフ
焼きすぎだよ・・・

DSCN4259.jpg

ヨークシャープディング、、、らしい(笑)
量だけはたっぷり(笑)


ちなみに一昨年訪れた時のメニューは
フィッシュアンドチップスをいただきました。

一昨年訪れた時の思い出は、
この店のテラスでバスの運転手のマイケルさんと
ツアーの皆さんと記念写真を撮りました。
スッコトランドからずっとバスを運転してくださったマイケルさんと
この日が最後だったので記念写真を撮ったのです。
マイケルさんはバスから下りる女性たちを必ず手を取ってエスコートしてくれました。

よくよく考えチップをあげればよかったのに・・・・と悔やんでます。
記念写真にもニコニコ笑って答えてくれました。
日本人はチップの習慣がないのでこんな時、気が回らないのですね。



そんなことを思い出しながら、
ランチを済ませたら、またゾロゾロ歩いてバスに戻りました。
英国で一番いい季節、家々のお庭に咲く花がきれい

DSCN4261.jpg


DSCN4264.jpg

DSCN4271.jpg


ストラスフョード・アポン・エイボンへ向かう

| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
イングリッシュガーデンが綺麗ですね。
本場のお庭は、雰囲気があって、
やっぱり素敵です♪
次は、ストラスフョード・アポン・エイボンとか。
シェイクスピアの生誕地と近い名前なのですが、
場所は違うのかしら?
楽しみに記事を待っています♪
こんにちは!
コメントありがとうございます。

ストラス・フォード・アポン・エイボンはおっしゃる通りシェークスピアの生誕地です。

いい季節に訪れたので気持ちの良い時間を過ごしました。


この記事のトラックバックURL:
http://birdie55.blog136.fc2.com/tb.php/378-28845be7
<< NEW | TOP | OLD>>