平凡主婦 の平凡な日常



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ロンドン・パリへ行く女子旅  8日目    ムーランリュージュ

   
テロから解放されて、
ノートルダム寺院を出ると、
雨が降っていたようでした。



予定では、この後に マレでお買い物をする予定でした。

かわいい雑貨やお土産のスイーツを買う予定で、
とても楽しみにしていたのですが、時間が微妙に足りなくなってしまいました。


実はこの後、ムーランジュールのレビューを予約しているのです。


食事をするために、近くにあったサルサのお店に入りました。
Nさんには申し訳なかったのですが、
私はまだまだお腹の調子が悪いので、オレンジジュースだけにしました。



DSC_4650.jpg




Nさんの食事が終わると、メトロでBlancheに向かいました。

街はとても活気がありました。
夜の方が元気になるみたいな街 という印象です。


DSCN5992.jpg


この交差点を背にまっすぐ上がって行くと
あの映画「アメリ」の舞台になったカフェがありました。


DSCN5983.jpg


ここで食事したらよかったかな、、、、


カフェを背にして、元の交差点に戻ります。
交差点の前にムーラン・ジュールの劇場があります。


DSCN5993.jpg





DSC_4653.jpg



残念ながらショーは撮影NGです。

でも、なぜ、おっぱい丸出しなのか意味が分からん 笑

おっぱい見せなくたってダンサーたちはとても美しく
煌びやかでした。



レヴューが終わって、タクシーで帰りました。
治安のよくない場所だったので、お互い離れずに一緒に行動しました。



今日でパリは最後の夜、


私たちは、たくさん遊びすぎたようで、
私は昨日からお腹をこわしてさんざんでしたし、
Nさんはムーランジュールのレヴューの最中に気分が悪くなって
トイレに何度も駆け込みました。
どうやら先ほどのサルサが合わなかったようでした。


最後の夜は反省しきりで、二人ともおとなしく早々に眠りにつきました 笑



帰国当日は午後便なので、ゆっくりとホテルを出発しました。
シャルルドゴール空港へはタクシーで向かいました。



DSCN6013.jpg



13;30発の便でしたので、時間的に余裕があります。



帰りもプレミアムエコノミー席で、
直行便でしたので、ゆったりできました。


DSCN6016.jpg


相棒のNさんはすやすや眠ってしまったので
私は「湯を沸かすほどの熱い愛」「この世界の片隅に」
をバッチリ観ました。


DSCN6017.jpg



乗り物で眠れない私は長い飛行機の旅はかなり疲れてしまいます。



DSCN6020.jpg


食事もおいしくいただきました。
お腹はもう大丈夫でした。


DSCN6023.jpg





関空に到着したのは翌日の日本時間 8;20
そこから新大阪に出て、新幹線で自宅に帰ってきました。


楽しい楽しいロンドン・パリの旅でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://birdie55.blog136.fc2.com/tb.php/390-4498932a
<< NEW | TOP | OLD>>