平凡主婦 の平凡な日常



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

さくら

Author:さくら
東京在住の主婦。
夫と息子と愛犬とのんびりくらしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フェルメール展

   
フェルメール展へ行って来ました。

大変ラッキーなことに
招待券を持った友人に誘っていただきました。



DSC_6217.jpg



11時頃に上野の森美術館に到着しました。、
ところがすでに、美術館の前には長い長い行列ができていました。


この度のフェルメール展は日時指定です。
9:30~10:30が1回目、
11:00~12;30が2回目の入場

11時少し前に到着した私たちは行列の最後尾に並びました。
ちなみに招待券は日時指定なしで入れます。



行列の最後尾に並んで20~30分、
ようやくフェルメール展開場に入場できました。








会場内順路は2階からです。
音声ガイドは、石原さとみ、
音声ガイドレンタルは入場料に含まれていました。


石原さとみの声を聞きながら順路通りに進んで行きます。
2階はフェルメールと同じ時代の画家たちの作品です。


予想した通り、会場内はすごい人です。

じっくり見たいと思う作品の前に行きたくても
なかなかたどり着くことができません^^;^^;
こんな時は諦めて遠くからゆっくり観ていくことにします。


なんといっても本命はフェルメールなので集中力温存する作戦です。
超満員の2階会場を後にしたらいよいよ1階

1階会場は2階に比べたら人は少ない!
テーマは「光と影」フェルメール」


先日行った美容室でフェルメール展の特集記事を
じっくり見たのですからね。
難しいことはよくわからないけど、
フェルメールの繊細な絵が大好きだ

2階の混雑に比べたら意外なほど静かでゆっくり鑑賞できます。



「マルタとマリアの家のキリスト」

フェルメールには珍しく聖書を題材にした作品
宗教画はあまり好きではないが表現が柔らかい




「牛乳を注ぐ女」

まるで目の前で今にも動きそうな存在感




「赤い帽子の娘」

最も小さい作品
娘、、だけどおばさんに見える



「手紙を書く女」

私はこの作品が一番心に残った。
フェルメールのお気に入りの黄色い衣装を身に着けた若い女性
恋人に書いているんだろうか、その表情がかわいい




「取り持ち女」

風俗画だそうで、売春宿の情景が描かれている
人々の何とも言えない表情が印象に残った。








「リュートを調弦する女」

女性は窓辺を見ている。
おそらく恋人を待っているところ、、、、
そんなことを知ってからこの絵を見るといい




「ワイングラス」

当時の風俗画




「真珠の首飾りの女」

やはりフェルメールの好きな黄色い服を羽織っている。





「手紙を書く婦人と召使」

この作品もとても心に残った
召使の女性がうつろな表情で窓の外を見る
どんなことを思っているのだろう、、、、、
とても物語がある



以上9点の作品でした。


DSC_6213.jpg


会場を出ると、すでに行列なく当日券も発行されていました。
これから出かける人は午後からがお薦めですね。

DSC_6215.jpg



フェルメール鑑賞の後は上野公園内にある韻松亭で食事しました。


DSC_6225.jpg


DSC_6222.jpg



1人で行くのもいいけど、友人と行くのもまた楽しいものでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://birdie55.blog136.fc2.com/tb.php/413-cf71d4f2
<< NEW | TOP | OLD>>